スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターフォックス零感想③

なんだかんだですたふぉぜろ発売から一か月以上経ちましたね!そろそろネタバレを本格的に解禁してもよい頃でしょうか?しかし攻略本の情報がほんと全然ないんですが攻略本はいつ発売なんだ…個人的にスタフォって攻略本のみの情報とか資料が多い気がするのですごい楽しみにしてるんですが!(泣)調べたら3DS版64攻略本はゲーム発売後一か月以内に出てるみたいなんですが…早く攻略本あわよくば設定資料集とか欲しいよ~~~~

さて今回のスタフォ零感想はキャラクター&ストーリーのレビューをしていきたいと思います。が、すみません今回はほんとちょっと辛口です。批判的な意見が強いので読みたくない方はブラウザバックでお願いします!



(!WARNING!)
偉そうにつらつら書いていますがあくまで一個人が思ったことということを念頭にお読みください(私がAがいい、って言ったって世の中にはBがいい、と思う人もいますから)また少々辛口な面もありますので、ファンの分際で何事か!という方は読まないことをおすすめします。



さて実は今回スタフォ零を買ってほんといっっっっっっちばん「んんんんんん~~~~~」ってなったのはキャラクターとストーリーです。
…いやね、ほんとこの二点はど~~~~してもやっぱ首をひねらずにはいられないです特にストーリー

…まずキャラクターの方からレビューしていきたいと思います。
キャラクターといっても、別にキャラの性格がいまいちだったとかこのキャラむかつく最悪とかキャラクター改変されたありねー!!とかでは全然ないです。じゃあなにがイマイチだったんだかというとキャラの活かし方です。

個人的にスタフォってN天堂のゲームにしてはしっかりキャラクラーにキャラ付けがされた珍しいゲームだと思うんですよね。(FEとかはまた別にして)主人公のフォックスもしゃべるしそんなクセはないけどキャラ付けされていますし。そしてそれが動物の種別と合わさってものすごい魅力になっていると思います。「プレイヤー=主人公」色の強いN天堂ブランドで、しかもシューティングゲームでしっかりと味方サイド敵サイドにもキャラ付けがされている、正直言うとスタフォにハマったのはここらへんがデカいです。

じゃあなんでシューティングゲームなのにキャラ付けができるのかってのはやはり無線による会話がかなり大きな役割をはたしていると思うんですけど、
今回のスタフォ零すみませんこの無線の会話がほんっと物足りないです。

まず今回、フォックスの単独行動が多いです。そのため他メンバーとのかけあいも少なくなっています。そして他の仲間と一緒にいる任務でもど~~~もなんだか会話が物足りないんですよね。というか正直、影が薄くさえ感じることもあります。
そしてそれにとどめを刺しているのが、今回のスタフォ零は新64といった感じですが、セリフが64と同じものが多すぎて正直「んんんn~~」ってなりました。

別に64のセリフを使うこと自体は全然いいんですやっていてニヤッてしたり「あ!このセリフいってくれた!」とかプレイして楽しめましたし。じゃあ何が問題かっていうと結局セリフの全体量の中で64セリフ流用の割合が多いことなんですよね
そして特にスターウルフがほんとこれひどいですぶっちゃけセリフの半分以上64と同じこと言ってない????って感じました。

いやね、例えばスタウルがべらべらしゃべってくれて、ここぞというところで64のセリフいってくれたら「おおおおおおお!!」って思ったと思うんです。しかし今回、スタウル勢そんなセリフ多くない上にしゃべってる内容が64と同じだから私としては「ま~た64のセリフかよ新しいセリフ聞きたいんだけど。。。。。」ってなってしまいました…。これはファルコ達にもいえることで、結局プレイしてる身としては新しいやりとりとか掛け合いが聞きたいんですがそこらへんがほっとんどないんですよね。
例えばファルコとレオンの会話だとかスタウル同士の会話とかフォックスとビルの新規会話だとか64のときに聞けなかったキャラ同士のやりとりを聞かせてくれてもよかったんじゃないかと思ってしまします。
…少なくともボイスが容量食うからムリっていう時代じゃないと思いますし…。64だとあのセリフ量でも全然いいと思うんですが、2016年出されたゲームなんだからもっとボイス多くてよかったんじゃないの?というのが正直な感想です。

…まあここらへんはそこに過剰な色気を出さないN天堂もしくはM本さんの方針なのかはわかりませんが(じゃあ今度はボイスをえらい増やしたら増やしたでオタクに媚びたって評価になるかもしれないですし)少なくともスタフォの大きな魅力であるキャラクター達を活かすファンサービスぐらいしてもいいんじゃないか?と思いました。

ただ一応、面白い無線会話があったのも事実です。フォーチュナでのスリッピーによるファルコの鳥いじりとか聞いててニヤニヤしましたしw(逆を言えばそこぐらいしかなかったかなあ…)
そしてコーネリアのボスを作戦完了ルートで倒すと64のセリフが聞けるとかここらへんは64セリフの使い方うまい!と思いました。



そしてストーリー面ですが、ごめんなさいこちらもプレイして正直不完全燃焼感があります。
…個人的に私の中でストーリーとキャラ萌えがあって、ストーリーがイマイチでもキャラ萌えがあれば全然気にならないし、逆にキャラ萌えがなくてもストーリーが面白ければ作品を追いたいと思うんですが今回はちょっとどちらもいまいちだったのでちょっと残念です。

まず一周クリアして一番残念だったのが
ベノム脱出してからエンディングまでの流れがほとんど64と同じだったことです。。

いやねこれも例えばエンディングが2種類あって、普通にクリアすると64と同じエンディングしか見れないよ、だったらほんと全然いいんです。ただ今回(まだ公式から攻略本が発売されてないので確実とはいえませんが)攻略情報みたところ結局ベノムは1ルートしかなくてエンディングも一つだけらしいのでぶっちゃけちょっとがっかりしました

…いやね、ゲームのエンディングってこう「やったーーーー!!!!」ってなるじゃん。エンディングの感動ってあるじゃないですか。苦労してクリアした分の魂の浄化というかなんというかあの感覚ゲームやったらわかると思うんですが(笑)だから正直一週目クリアしたとき、私感動半分戸惑い半分だったんですよだってファルコデレからペパー将軍勧誘から夕陽バックにサヨナラまでほとんど同じ流れなんだもの~~~~~~~~

あまりにも同じ流れすぎて「あ、これ別エンドあるな」って確信したぐらいだったんですけど笑
んん~でも別エンディングあるか探しても今のところそれらしき情報もでてこないし~~~~

あとストーリーでひっかかったのが結局転送装置ってなんだったのってこととフォックスは結局イヌの犬で終わりじゃんってことです

今回のスタフォは新要素として「転送装置」がでてきてそれがアンドルフ追放の原因にもなっているみたいですがそれがどんなに危険だとかアンドルフが何をやらかそうとしたのか全く明かされませんしなんだか中途半端になってる気がします。発売前、M本さんが「ストーリーに力を入れている、アンドルフは本当に悪いだけのやつなのか、そこに言及したい」みたいなこと言ってるインタビュー会話みたんですがごめんなさいプレイしてそこらへんわからなかったです。
そしてラスボス戦でアンドルフおじさん不穏なセリフぽんぽんはいてきますが結局フォックスはペパー将軍のいうままにアンドルフ倒して終わりですし、ちょっと不完全燃焼ですね。
アンドルフが悪だ!ぶっ殺す!というただの勧善懲悪モノにしたくない、というのはわかるんですがじゃあアンドルフとペパー将軍の間に何があったのか結局フォックス君はナニひとつ聞かされないですし(ペパー将軍が説明するけどあれはあくまでペパー将軍視点の話だし都合の悪いこと伏せてる可能性あるので)プレイヤーの心にしこりを残してクリアの爽快感を阻害してる感があります。


…その昔「ヴァルキリープロファイル」という名作RPGがあって、主人公は女神ヴァルキリーで主神オーディンの命令通りに働き戦いながら戦争に挑む、というストーリーなんですがエンディングが複数あって、ただオーディンの命令通り、任務をこなしていくだけじゃなんかこう釈然としないつまらんエンディングを迎える、という展開なんですよね。しかしある厳しい一定の条件をこなして(割と序盤からの調整とかが必要なんですが)いくと主人公の秘密だとか諸々がすべて明らかになる真エンディングにたどり着ける、といった感じでした。
正直言うと今回のスタフォ零がすっっっごいこのヴァルキリープロファイル(以下VP)のノーマルエンディングを迎えたときの感覚と似てるんですよね。だからスタフォもこう真エンディングとか別ルートがないとなんかこう納得できないと思うんですが…。うーん…。ちなみにVPの真エンディングって「攻略本みないとまず無理」っていうぐらい調整とかがめんどうだったりイベント発生のタイミングに注意を払わないといけないんですが、今回のスタフォももしそんな要素があったらほんと前言撤回します。いやほんと謝ります笑

もしくは「次回作の構想がすでにあってそこで詳しいことが語られる」という可能性もありますがそうなるとやはりペパー将軍の依頼通りアンドルフ倒したフォックス君は一体なんやねーんともなりそうですしちょっと怖いですね。
それこそ『コマンド』で「アンドルフはベノムの海を綺麗にするための浄化装置作ってたペパー将軍の個人的な私怨で追い出された」っていう設定追加されたましたけどそれこそ「64のフォックスは一体何のために戦っていたんだ父親殺されてるんだけど」って思いましたし同じ轍はふんで欲しくないところなんですがねえ…。

ここらへんはほんとM本さんがどういったつもりで構想を練ったのか気になるところですが、今段階でストーリーは釈然としない、というのが正直な感想です。(さっきも言った通り真エンディングがあったら謝ります)
公開記念アニメの「ザ・バトル・ビギンズ」がほんと100点満点だっただけにちょっと残念です。
…そういえばアニメのペッピーの極秘任務も結局明かされなかったしなあ…。ここゲームで明かされるのかと思って楽しみにしてたんだけど…。


…と、さんざん批判を書いてきましたがごめんなさいこれでもスタフォ好きですただ好きだからこそ零には期待していたので、期待値に届かなくて残念な気持ちになっているのかもしれないです。スタフォそこまで好きじゃないけど、とりあえず買ってみるか、といったライト層のほうが楽しめるのかもしれませんね。こう「アンドルフが~ペパー将軍が~フォックスが~~~」とかあれこれ考えるめんどくさいやつだとこうなってしまうかもしれません。

あと念のために言っておくとあくまで腐女子キャラ萌え厨が抱いた感想ですので、「ふーん」ぐらいに思ってくだされば幸いです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。